工事によっては契約書のほか図面や仕様書なども用意する

リフォーム工事には小さなものもありますが、口頭で依頼するのはトラブルのもと。
必ず工事請負契約書を取り交わしましょう。
工事請負契約書には、工事名、工事金額、注文する人の名前(発注者)、工事を請け負う会社の名前(請負者)、工事期間などを明記し、契約全体についてのいろいろな取り決め事項を記載します。 ただ、契約書にはどんな工事をするかまでは詳しくは書いてありません。
「契約書さえ交わせば、約束通り工事をしてもらえる」と思っても、実はそうではないのです。

工事中、変更があれば書類も修正

工事の途中で工事内容や工事金額の牽史があった場合には、その都度話し合い、修正された見積書と変更契約書を交わし、常に正確な工事内容、工事金額の書類が揃っているようにしましょう。
また、工事の規模がある程度大きくなったり、工事内容が複雑になったりする場合は、平面図や立面図といった「図面」、工事で使用する部材の種類やグレード、家具などを一覧表にした「仕様表」なども用意したほ、つがいいケースがあります。
これらも、契約書とともに大切に保管しておきましょう。

特に注意したい屋根リフォームの契約

特に屋根のリフォームでは、実際に屋根材をはがしてみてからわかる補修が必要な部分が出てくる場合があります。
いくら事前に専門家に調査してもらっても、透視能力があるわけではありませんので後から見つかるケースは多々あります。
全部屋根材をはがせばわかった事かもしれませんが、点検・調査段階でそんなに大規模な事をするわけにはいかないのです。

工事を始めてからわかった補修が必要な部分の追加工事に関しては、前述しましたが、しっかりと追加の契約書を交わす事です。

書類の変更もきちんと行い、双方が意識を共有し、納得した状態で追加工事ははじめましょう。

では、今回はこうした追加工事の対応をきちんと行ってくれる業者さんをご紹介します。
街の屋根やさん千葉です。
千葉県全域を対象として屋根リフォームを行っている屋根工事・屋根リフォームの専門会社です。
現在はキャンペーンを行っているようですので、屋根リフォームを柏で検討中の方には特におすすめです。