専属の外壁アドバイザーを探す その1

基本的な外壁の塗り替えについて知ったら、この秘策を実行していただければ間違いありません。
まさに、鬼に金棒です。
その秘策とは…あなた専属の外壁アドバイザーをみつけることです。

外壁アドバイザがあなたのかわりに、家を定期的に検診して、傷みや不具合をみつけてくれます。
そして、その都度あなたと相談しながら、塗替えや補修などのアドバイスをしてくれるのです。
そんな頼りになる外壁アドバイザーをみつけて、末永くお付き合いしていけたら、しつこく、怪しい営業に悩まされることもありませんし、難しい塗装業界の専門用語に頭を悩ますこともありません。 もちろん、信頼できる業者をみつけることが大前提にありますが、それはじっくりと探していけばいいと思います。 むしろ、何年も先の塗替えに備えて、じっくりと業者を選んでいるあなたに対しても誠実な対応をしてくれる業者であれば、利益ばかりを優先していない業者だと、それだけで信頼がおけます。

専属の外壁アドバイザーを探す その2

この外壁アドバイザーを選ぶときのポイントがあります。

・どんな業者に塗り替えをお願いするのか
・どこに塗り替えを依頼するのか。

職人は自社職人であることがベストでしょう。
ですが、 「あなたのところは自社職人を使っていますか?」と業者に聞くと、ほぼ間違いなく「下請けは使いません。ウチは自社職人です」と答えると思います。
そう断言されてしまうと、本当にそうなのかを確かめる術はないのです。

ならば、最初から自社職人を使う塗装屋や塗装職人専門庖を選ぶほうが簡単ですね。
業者を決めるのは、簡単なことではないかもしれません。

どんな会社なのか?どんな職人がくるのか?どれくらい持つのか?どんなやり方をするのか?保証はあるのか?などなど。
さらに、職人さんのこだわりが大きな違いとっても、わかりづらいですよね。

ポイントはその業者が地域に根ざした業者で、地元での施工実績があり、塗装後のお客様との良好な関係が続いているかどうかです。
職人は自社職人でなければいけないと思っています。 完全自社職人を抱えている業者。 そして営業マンをあえて置かす、職人が宮業ち兼ねている業者を選ぶといいでしょう。 つまり、お客様にとっては、塗装職人専門店がベストです。

専属の外壁アドバイザーを探す その3

塗装職人専門店を選ぶことのの利点は2つ。

1.完全自社職人がいる 利点、2度目、3度目の塗替えを同じ職人が担当してくれるという司能性が極めて高い。
2.営業マンを置かない業者 営業も兼ねている職人が実際に家の状態を確認して、仕様書や見積書を提出してきてくれるので、細かいことでも話が通じやすい。
実際に作業してくれる人に相談したほうが安心だと思いませんか。

専属の外壁アドバイザーを探す その4

営業マンは、契約を取れば仕事が終わるかもしれません。
ですが、職人は施工時、そして施工後ち自分の作業に責任ち持つことが仕事です。
そうした、強い職人気質をもった職人が一線で頑張っている業者なら、信頼に値するのではないでしょうか。
塗り替えたら終わりではありません。塗り替えた次の日からは、もう何年か先の次の塗り替えに向かって時は動いていくもの。
塗り替えた瞬間が、美しさの最高値であるとするならば次の日には確実に老朽化に向かってじわじわと進んでいくということは、形あるものの宿命です。
気長にじっくり、我が家と向き合うことも大切です。

最新設備、見て実感できるのは、広島 リフォームのヤマネウッディリフォーム