同じ工事、同じ形式でも業者によって見積もりがバラバラ

リフォームでは見積もりの形式がバラバラであることが多いです。
では、見積もりの形式が同じなら問題ないのかといえば、そうともいえないのです。

たとえば、2社に同じ工事内容で依頼をし、同じ形式の見積書をもらい比較してみたら、A社が50万円、 B社が60万円で出てきました。
A社が安くて良いと思うかもしれませんが、リフォームでは「工事のグレード」や「工事以外のサービス」が業者によって違います。

「工事のグレード」というのは、その会社が普段行っている工事のレベルのことです。

たとえば、

・下地の板の種類、厚み
・接着剤の種類.壁紙を貼る時や塗装の下地処理の程度
・窓枠や床面を覆って汚れないようにする等の養生の程度

など、会社によって標準としているレベルが違います。
それによって仕上がりの美しさも手間代も大きく違ってきます。

特に外壁塗装・屋根塗装では見積の出し方(どこ何でどこまで塗装するか)で大きく金額がことなります。
安かろう悪かろう、ではないですが、別々の業者で見積を取った時、価格に大きく差があるときは特に注意です。

「この見積ではどこまで、何の塗料で塗装してもらえますか?」
「一式となっていますが、どこまで塗装した場合の金額ですか?」

上記のように、業者に質問してみましょう。
そこで少しでも嫌そうな顔をする業者は、ごまかして金額を安く出していたことになります。

もし、きちんと対応してくれる業者なら、自信を「持ってここまでやります!」と宣言している事になりますので、そういった業者にお願いする事が一番安心です。

外壁塗装の相談は外壁塗装.jp.netでは、見積時の質問はもちろん、点検時にも質問に丁寧に答えてくれます。
きちんとした外壁塗装業者だからこそできる事です。

「工事以外のサービス」としては、

・インテリアコディネー
・工事の管理方法や最後のクリーニング
・検査やアフターメンテナンス
・掃除や引っ越しサービス

などがあります。

これらをどの程度行ってくれるかによっても金額は変わるのです。
そのほかにも、工事範囲の違い、商品の仕入れ値、会社の経費などでも差がつきます。
見積書をもらったら、工事の流れや工程、工事内容の詳細、工事以外のサービスなど、じっくり説明してもらう機会を設けましょう。
単純な価格の比較は意味がないことが、お分かりいただけたでしょうか。