どんな小さな工事でも契約書を交わす

どんな小さな工事であっても、きちんと「工事請負契約書」を交わすことは不可欠です。
費用も分からないまま工事を始めてしまっては、後からどんなトラブルが待っているかわかりません。
また、口約束だけでは、業者と施主のお互いの思い違いや、どちらかが忘れてしまうということもあります。
後々、リフォームでよくある「言った、一言わない」のトラブルを生んでしまう原因となるのです。
リフォームを頼む際には、工事を始める前に金額はもちろん、工事内容、工事期間などを確認し、それを「工事請負契約書」にまとめることが、無用なトラブルを生まない必須条件です。

リフォーム工事で多い口約束のトラブル

小さな補修工事だったので、つい口約束で頼んでしまったということがよくあります。
雨どいの補修や水漏れなどの小さな工事だったのでとりあえず口頭で依頼、金額がはっきりわかる前に工事をしてもらって、後から請求書がきた、というようなパターンです。
これには、たとえば「急いでいたのでとりあえず依頼した」「こんな小さな工事でわざわざ書類を作成するのは面倒だ」という施主側の事情があるのかもしれません。
業者側も「早く工事を終わらせてあげたい」「たいした金額ではないので面倒だ」ということで対応することがあります。
しかし、このようないい加減なやり方で工事を頼むと、後からあれこれ追加されて法外な費用を請求されたり、工事の内容について業者ともめたり、あるいはいつまでたっても工事が終わらなかったり、いろいろなトラブルにつながる可能性がとても高いのです。

過去の外壁リフォーム経験からアドバイス

かくいう私も、過去に外壁のリフォームで失敗しています。
その時の失敗をご紹介しますので、みなさんも気を付けてください。

数年前、私は外壁の塗装を検討しており、あるリフォーム会社(仮にA社とします)と契約を交わしました。
外壁塗装のみの契約でしたが、塗装工事を見ている過程で契約時には依頼しなかった場所も一部塗装してもらいたいと思いました。
そこで、現場の監督に「追加で構わないのでここも塗ってほしい」と依頼しました。
すると現場の監督は快諾してくれ、しかも追加の金額はいらないとのことでした。
私はホッとし、安心して工事完工を迎えました。

仕上がりも良く、満足していた私のところにA社から請求書が届き、中を確認して愕然としました。
なんと、現場監督が追加料金はかからないと言った箇所の工事の料金が加算されていたのです。
すぐさまA社の担当に確認しましたが、「その部分まで塗装する場合は追加で料金がかかるものです」の一点張り。
現場監督も「◎◎の場合は追加はかからないが、今回は▲▲で■■が必要で・・・」と専門用語を盾に、話になりません。
仕方なく支払ましたが、せっかく良い仕上がりだったのに、後味が悪い工事でした。

こうしたトラブルを経て、最近別のリフォーム会社「千葉外壁塗装.com」に屋根塗装を依頼しました。
前回の工事でのトラブルがあるため、慎重に進めようと構えていましたが、それ以上に担当の方が細かく打ち合わせの履歴を残してくれ、
最初にあった疑いの心も、契約書にサインをするときにはすっかり消えていました。
やはり良かったと思うのが、専門用語を多用しない打ち合わせと、その打ち合わせの内容を逐一書留、「打ち合わせシート」として履歴を残してくれたことです。
こうすれば後で言った言わないのトラブルが未然に防げますね。

ホームページで掲載しているトラブルの例などはこうした私自身の経験や、友人・知人から聞いた実際のトラブルを掲載しています。
みなさんも快適にリフォームするためには、ぜひ気を付けてもらいたいポイントです。