「追加工事」のパターンを知り、避けられるものは避ける

リフォームに追加工事はっきものです。
追加工事のパターンには大きく分けて4種類あり、なぜ起こるのかを知っておけば、きっと追加費用の発生を抑えることができるでしょう。

①リフォームならではの、聞けてみて分かる追加工事 リフォームの場合、細かい事前調査を行っても床や壁を「開けてみたら腐っていた」ということがよくあります。
しかし、業者側も多くの経験から、どのような追加工事の可能性があるかは把握しています。概算費用はどれくらいかを事前に確認し ておけば、慌てずにすみます。

②業者側の悪意による追加工事 悪質業者がよく使う手口で、最初安い金額で契約させておいて、後から次々に追加工事を名目に費用を請求してくるというパターンです。
これは業者選びの段階で防ぐことができますので、納得いくまでじっくり時間をかけて、信頼できる業者を選ぶようにしてください。

③打ち合わせ不足からくる追加工事 リフォームは結構、言葉だけでのやり取りで契約することが多く、工事中の変更も「あそこをこうして」「はい、分かりました」ですませがちです。
その結果、「ここもやってくれると思っていた」「予想外の費用を請求された」といったことが起こります。
先ほど説明したように、見積書を受け取る時には“指差し確認”工事中の変更についてはその場ですぐ金額の確認を行えば、防ぐことができます。

④着工後にグレードアップしたくなって起こる追加工事 ショールームなどで実物を見ると、よりグレードの高いものが欲しくなるのが人情のようです。
契約後の仕様変更や追加工事は割高になりやすいので、ショールームでの見学、確認などは契約前に行っておくようにしましょう。

家具だけではなく、お住まいの屋根や外壁のリフォームの際にも、同じ事が言えます。
既製品だけでリフォームするよりも、きちんとお住まいに合わせたカットや特注品を使うことが、
後で後悔しない為のリフォームのコツです。

千葉で屋根のリフォームなら専門家の街の屋根やさんがおススメです。
専門家だからできる、質の高い工事に満足できるのではないでしょうか?